試聴する

クレイドル・ソング

この曲の表示回数 1,866

さよならの時が 近づき
ぼくたちと きたら
それにすら 気付かないまま
まぼろしを 見てた

サンデーパーク とてもおだやか
きみと笑い合った 想い出もあるわ

見渡すかぎりの世界は ふたりのもの
いつかのぼくときみとの足跡
まばゆい朝の光も この道も
すべてはぼくときみとのものだった
ものだったんだった

星は見た あらゆるものが
あらそい 生きる すがた
そのことで 悩んだものは
かつて いないのです

風が歌う ゆりかごの歌
ぼくは ふいに泣いた
しぬのは こわかったわ

かみさまとひとのはざまで 夜をまつ
かしこいけれど かなしいぼくたち
素敵だったよ いつも 素敵だった
これがつづくと 思ってたんだった
思ってたんだった

やがて 夜がきて
月に 火が灯る
まぼろしのときよ
いそがないで

まだ まだ まだ まだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クレイドル・ソング 歌手:ドレスコーズ

ドレスコーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-01
商品番号:KIZC-537
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP