試聴する

フィクション

この曲の表示回数 47,317

僕の肩書きは銀行メン、窓口に座るいつもの午後
スーツ姿は見慣れてきたけど笑顔はぎこちなくなるばかりで。

熱い思いは何処へやら 安定した暮らしは得たも NoNo!
毎日お辞儀ばかりしてたら壁のポスターにまで頭下げていた

あぁ、僕にもう少し勇気があったらなぁ
誰かが決めたルールを跳ね除けるほど勇気があったらなぁ

「夢、希望」って追いかけたって結局掴めないもんかな
理想と現実は別項で 突きつけられた言葉に…待って?
強引な転勤はねぇ!

なんにしても中途半端で悲しいまでにアベレージ男
争いごとを避けて来たから逃げ足の速さには長けている

あぁ、僕にもう少し勇気があったらなぁ
辛くとも充実した日々を選べるほど勇気があったらなぁ

「憧れ」って響きになんでいつも負けてしまうんだろう
強く一歩踏み込んでいけ あえてイバラの道を行こう

いくつもの難関越えて幸せのカギ掴むんだろう
んで、さらに一歩踏み込んでいけ!夢のトビラこじ開ければ…待って?
厳重な警備の上、
単純な金庫じゃねぇ…!

※この物語はフィクションです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フィクション 歌手:スキマスイッチ

スキマスイッチの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/07/20
商品番号:AUCK-11006
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP