ため息クローバー

この曲の表示回数 10,592
歌手:

KOTOKO


作詞:

KOTOKO


作曲:

KOTOKO


物言わぬクローバー あれになれたら
こんなにもため息ついたりしないのに

好きになった…
ただ抱きしめた…
他のモノが何も見えなくなった
側にいつも居ることさえ
見慣れてしまわないかって不安になった

発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて

物言わぬクローバー あれになれたら
踏まれても折れても 仰ぐ空があった
頑なすぎてずっと変われないのは
道端に立ってたせいと思えたのに…

会いたかった…
ただ苦しめた…
愛が何かなんて解んなかった
君の為と口にすれば
あまりのちっぽけさに可笑しくなった

そんなふうに責めないで
思わず吐いた言葉
もっと別に伝えたいことがあったのに

ため息のクローバー
君にだったら
無造作に摘まれてポケットの片隅で
季節の音も遠く枯れていっても
優しい想い出だけを残せたのに…

発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて

物言わぬクローバー あれになれたら
叶わぬ言葉を思ったりしないのに
また季節が変わってしまう前に
本当の君の気持ちを ねぇ聞かせて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ため息クローバー 歌手:KOTOKO

KOTOKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-08
商品番号:GNCA-1051
ジェネオン エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP