試聴する

ぬくもりを残して

この曲の表示回数 1,444

はじめて見た
君の涙を思い出すよ
まるで時間が止まったみたい
僕は目を逸らせなかった

眩しいときは
瞬く間に通り過ぎて
すべてを知ったつもりでいた
やさしい嘘にも気づかず

秋風が街路樹を
オレンジ色に染めてく
つないだ手に願い込めた
ふたりを置き去りに

いつか また
運命の糸をたどってもう一度
いまはそっと抱きしめて
ここに残るぬくもりを

眠れない夜は
胸の奥で話しかけるよ
それは宛のない手紙のように
届くはずもないけれど

たしかなものなんて
ひとつもない世界で
「君を守りたい」強くなれた
行く先を教えてくれた

花束を胸にかかえ
ただ無邪気に 笑って
置いていったかなしみは
僕が引き受けよう

いつか また
長い旅を終える頃にもう一度
いまは独り歩いてゆく
君のいないこの道を

出逢えたことに意味があるなら
さよならもまた同じだろうか
ねえ 君はしあわせでしたか
情けないほど、愛していたよ

秋風が街路樹を
オレンジ色に染めてく
つないだ手に願い込めた
ふたりを置き去りに

いまはそっと抱きしめて
ここに残るぬくもりを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ぬくもりを残して 歌手:海蔵亮太

海蔵亮太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-01-23
商品番号:CRCP-40571
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP