忘れられた桜の木

この曲の表示回数 13,816
歌手:

より子


作詞:

より子


作曲:

より子


目を閉じると
浮かび上がる
淡くて優しい、桜色…

最後の声は”おやすみ”
今も耳の奥で繰り返す

どうしても声、聞きたかった
君に会いたくて
でも会えなくて

こんな気持ちも
こんな言葉も
全部君が僕にくれたモノ
大切な想いだから…

忘れられた桜の木
騒がしい街で
春を待ってた

いつか君と潜りぬけた
町外れの桜並木

あの風景を
僕は必死で
目に焼き付ける
忘れないように

君に会った日
君に会えなかった日
ただ思い出してる
淡くて優しい、桜色

君に会いたくて
でも会えなくて
ただ想いを走らせた
届かないままで…

忘れられた桜の木
最後の花弁
風の中へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:忘れられた桜の木 歌手:より子

より子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:TOCT-25580
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP