試聴する

半透明の世界で

この曲の表示回数 789
歌手:

石原夏織


作詞:

ヨシダタクミ(phatmans after school)


作曲:

クボナオキ


藍の風に乗って
想いをのせて
駆け上がっていく
どこまでも続く蒼い世界と
雲の空隙は(くうげき)
紡がれていくようで
手を繋いで さあ、行こう
キミの背中を追いかけるたび
夏の匂いがした
半透明の世界で

上手くいかないこんな毎日と
変わり映えのない
日常を変えたくなって
逸る気持ち(はやる)
稜線を越えて(りょうせん)
今 走り出した 半透明の世界を

夏空に架かる 虹は雨を喚び
この気持ちを叫ぶよう
泣いていたんだ
夜が明けるころ
新しい明日がきっと
誰も知らない未来へ
変わってゆくよ

藍の風に乗って
想いをのせて
駆け上がっていく
向日葵が揺蕩う
水飛沫と白の境界線
はじけるサイダーの泡のように

風になって
夢を連れて
昨日を超えていく
どこまでも続く蒼い世界と
雲の空隙は(くうげき)
紡がれていくようで
手を繋いで さあ、行こう
キミの背中を追いかけるたび
夏の匂いがした
半透明の世界で

届きそうで届かない指先が
空を切っては 胸が苦しくなった
キミと出会うため
夕景を越えて
今 走り出した 半透明の世界を

星空にかかる 夜の帳に(とばり)
キミと出会って世界が
変わっていった
朝日が昇るころ
新しい世界がきっと
誰も知らない今日を
描いてゆくよ

藍の風に乗って
想いをのせて
駆け上がっていく
波の音が聴こえる
水飛沫と白の境界線
夢みたいな夢の続きを

風になって
夢を連れて
昨日を超えていく
どこまでも続く蒼い世界と
雲の空隙は(くうげき)
紡がれていくようで
手を繋いで さあ、行こう
キミの背中を追いかけるたび
夏の匂いがした
半透明の世界で

藍の風に乗って
想いをのせて
駆け上がっていく
向日葵が揺蕩う
水飛沫と白の境界線
はじけるサイダーの泡のように

風になって
夢を連れて
昨日を超えていく
どこまでも続く蒼い世界と
雲の空隙は(くうげき)
紡がれていくようで
手を繋いで さあ、行こう
キミの背中を追いかけるたび
夏の匂いがした
半透明の世界で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:半透明の世界で 歌手:石原夏織

石原夏織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-11
商品番号:PCCG-70426
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP