試聴する

タイヨウモルフォ

この曲の表示回数 705
歌手:

日食なつこ


作詞:

日食なつこ


作曲:

日食なつこ


午前5時の幻を金属音がつんざいた
それは誰かがひねり潰した空き缶の悲鳴だったのかもしれない

毎夜隠せていたはずの傷を隠せなかったそんな夜
僕は誰かの夢を奪い取って自分の傷に塗りたくった

本当に憎いものなんて右と左の足で踏み倒せる分しかないのかもしれない

目に見えない太陽の熱を知った
今日も僕は照らされる資格があるのかい

午前5時の幻を金属音がつんざいた
それは誰かがついに終わらした命の悲鳴だったのかもしれない

本当に大事なものなんて右と左の腕で抱えきれる分しかないのかもしれない

目に見えない太陽の熱を知った
今日も僕は照らされる資格があるのかい

目に見えない太陽の熱を知った
今日も僕は照らされる資格があるのかい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:タイヨウモルフォ 歌手:日食なつこ

日食なつこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-27
商品番号:286-LDKCD
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP