試聴する

流星群

この曲の表示回数 1,520
歌手:

ドラマストア


作詞:

長谷川海


作曲:

長谷川海


最終的に僕たちは 呼吸の仕方も忘れ
境界線の向こうへ混ざり合って濁り合ってゆくのだろう

最終的に僕たちは いつか 周回軌道を外れ
一等星に乗っかって 擦れ合って焦がし合ってゆくのだろう

ひとつだけ 僕に教えて 千切れてしまった約束の
切れ端を拾って集めては 思い出にする
君には見えるか?

広がりゆく空に感覚を乗せて
今俯く 君に手を重ねる
ふたり 寄り添い合うように落ちてゆく
今は分からなくてもいい このまま繋いでいたいんだ

バラバラになっていた 心が疼くんだ
夏の夜がずっと明けてくれないんだ
そうやって 傷ついたふりはもう止めにしよう
君の声を聞かせてくれるか?

広がりゆく空に感覚を乗せて
変わらないままの僕でいると誓う
あの日の僕らを焦がす程
今は届かなくてもいい 心を燃やしていたいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星群 歌手:ドラマストア

ドラマストアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:LADR-15
Ladder Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP