LAST PAGE feat. etsuco・貫太郎

この曲の表示回数 527
歌手:

BANTY FOOT


作詞:

etsuco・貫太郎


作曲:

etsuco・貫太郎・Squid Ink・BANTY FOOT


ずっとずっと信じてた
きっともっと辛くなる
ポツポツ雨が降る
ここに傘は無い

東京の外れの一角で 家賃は抑え目にして
日当たりだけ拘って 二人アパートを借りて
共働きの生活も せわしなく流れる 息つく暇ない二年経つ間も無く
理想と違う26 未だ割り切れずバイト週6
地元のツレはマイホーム購入 あいつもうすぐ二児のパパになる
僕は夢をみている真っ最中 キミを置き去りに身勝手に生きる
いつかいつかがいつになる事か 良いさ良いさ 居なくなってもな
いざとなれば 並べるタラレバ 朝焼けが沁みる今は

晴れた空の日には 二人きりずっと歩いたね
きっとこのまま幸せだけが 続いていくと思ってた
一人の夜が怖い あなたの声聴きたい そっと閉じたdiary
書きたいけど書けない Last page

覚えているかな最初のデートは 確か伊豆へと遊びに行ったな
僕は道を間違えたっけな キミは隣で笑ってたっけか
いつも朝が早い待ち合わせ お待たせってもはや口癖
誕プレは目覚まし時計ね なんて笑って手繋いで
キミを知りすぎた もう手遅れだ 忘れさせた 昔の元カレなら
その華奢な心で抱えた わだかまりも全部受け止めるから
誓ったはずが 狂う歯車 違った価値観はお互い様
歩み寄れたら何かが変わった 振り返るだけ無駄かな

晴れた空の日には 二人きりずっと歩いたね
きっとこのまま幸せだけが 続いていくと思ってた
一人の夜が怖い あなたの声聴きたい そっと閉じたdiary
書きたいけど書けない Last page

次はあそこへ行こう
先延ばしにしてた海外旅行

またいつもみたいに待たされて
『お待たせ』って聞こえてきそうなのに

なんてな 今更だよな
すくいあげようにも透き通る思いは

鍵をかけて開けないように

もう二度と完結しないもんな

晴れた空の日には 何度もあの日思い出す
きっとこれから 時が過ぎれば忘れてしまうあの笑顔
二人の夜はもうない あなたの声聴けない
そっと閉じたdiary 書きたいけど書けない Last page

ポツポツ雨が降る
もっともっと強くなる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LAST PAGE feat. etsuco・貫太郎 歌手:BANTY FOOT

BANTY FOOTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:ZLCP-351
ZIP NEXT / VAA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP