試聴する

レコード

この曲の表示回数 3,941
歌手:

坂本真綾


作詞:

坂本真綾


作曲:

堂島孝平


花びらが舞っている
夕風は冷たく
暦ではとっくに終わってる冬

踏切を待っているあいだにも暮れていく
そういえば明日は誕生日だったな
きみはいくつになるのだろう

はじめて買ったレコードのように
ときどきは私たちの恋をおもいだしますか
今日、東京では春風が強く強く吹いて
なぜか少し潮の香りがします

悲しみはちょっとだけ
喜びをできるだけ
持ち歩く思い出は軽いほうがいい

なくなった映画館
増えていく駐車場
一年がまた少し短くなったな
休みがとれたらどこか行こう

はじめて行った海の向こうで話したあの人
私のこと覚えてるでしょうか
今夜、東京ではめずらしく星座がよく見えて
まだしばらく歩いていたいのです

どんなふうにでもなれるって言った
生き方は決められるって それは
きみからもらった贈り物
私を変えたあの日のフレーズがここに

はじめて買ったレコードのように
ときどきは私たちの恋をおもいだしますか
今日、東京では春風が強く強く吹いて
なぜか少し潮の香りがします
私の街では
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:レコード 歌手:坂本真綾

坂本真綾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-31
商品番号:VTCL-35268
フライングドッグ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP