試聴する

どんな星空よりも、どんな思い出よりも

この曲の表示回数 8,359
歌手:

結城アイラ


作詞:

結城アイラ


作曲:

結城アイラ


電車の窓 ちょっとやつれた
自分の顔に驚く
わざと目線外すように
気怠そうにうつむいた

決められた順路どおり歩けなくても
道の隅に咲いてる花を
キレイだと思う心さえあればいいよ

どんな 星空よりも
どんな 思い出よりも
きらり輝く瞬間を
そうさ この胸の中
そうさ いつも忘れなければ
明日はきっと晴れるさ

行き先も決めないままで
小さな旅に出たんだ
初めて出会う街や人は
思ってたより優しい

前ならえすることが人生じゃない
困っている人の背中を
決して見過ごさない勇気さえあればいいよ

どうせ 出来やしないと
どうせ 無駄になるやと
きらり輝く可能性を
そうだ 摘んでいたのは
そうだ 自分自身だったね
明日が怖くなってた

簡単なことほど
意外と隠れてしまうね
けど 探すことを 諦めないでよ
必ず見つけられる気がする
素直な心を信じてみるのもいいよ

どんな 星空よりも
どんな 思い出よりも
きらり輝く瞬間を
そうさ この胸の中
そうさ いつも忘れなければ
もう怖くなど無いから
明日はきっと晴れるさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どんな星空よりも、どんな思い出よりも 歌手:結城アイラ

結城アイラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-22
商品番号:LACM-14686
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP