試聴する

永恋詩

この曲の表示回数 2,917
歌手:

吉岡亜衣加


作詞:

日山尚


作曲:

安瀬聖


いつから此処で眠っていたのか
日暮れの陽光(ひかり)を浴びて
絡めた指を強く強く握り
もう一度 眼を閉じた

鎖していた心の氷は溶け
曇り空はいつしか晴れ間に
失くしたものを取り戻す度に
忘れていた温もりさえも
この手に

満ちゆく月に祈りを込めた
詩(うた)を詠んで
涙も笑みも分け合えるなら
恋しい君と
この刹那を永遠にして
ふたりで紡ぐ幸せ

痛みを知って苦しんだ夜も
優しい朝陽に沈む
滲んだ文字を指でそっとなぞり
もう一度 思い出す

霞(かすみ)がかる世界にやおら吹いた
淡い風が木漏れ日揺らせば
失くしたものを照らし出すように
眩しいほど鮮やぐ明日へ誘(いざな)う

過ぎ去る刻を留める代わり
胸に秘めて
傷跡さえも包んでくれる
愛しい君と
この想いを永遠にして
ふたりで描く
未来を

輝く月に祈りを込めた
詩(うた)を詠んで
涙も笑みも分け合えるなら
愛しい君と
この刹那も永遠にする
ふたりで紡ぐ現(うつつ)を
永久(とわ)の恋を…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:永恋詩 歌手:吉岡亜衣加

吉岡亜衣加の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-13
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP