yoake

この曲の表示回数 1,776
歌手:

春ねむり


作詞:

春ねむり


作曲:

後藤まりこ


さようならよりもきれいな言葉で
朝焼けみたいなうつくしさだけで
きみを記憶にしようとしたけど

そんなやり方じゃ せかいは終わらなかった きみの日々も続くんだ
当たり前の夜 電線伝ってきこえる あの子が泣いてる

きみだけと六畳一間 この部屋で
ラブ・ロマンス 溶けてしまえたらよかったけど
目をあけて焼け野原 電波を伝ってきこえる

あの子が泣いてる 愛は知ってる
勘違いならいい予感だけがいつも当たって
ぼくはまたとりこぼしてしまいそうになるから
ぎゅっと掴んだ 見えない輪郭を きこえない声を
ひとつずつ集めるんだよ
魔法がつかえなくてもいいよ そうやって正しい夜明けがみたいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:yoake 歌手:春ねむり

春ねむりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-20
商品番号:PMEL-7
株式会社パーフェクトミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP