少し眠っていたんだ

10-FEET

少し眠っていたんだ

作詞:TAKUMA
作曲:TAKUMA
発売日:2017/07/19
この曲の表示回数:11,875回

少し眠っていたんだ
あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて 道は分かれ 時は過ぎて
それぞれの寂しさも欲望も痛みも 少しずつ少しずつ あぁ

あなただけにしか見えないような(見えないような)
悲しさ寂しさがきっとあって(きっとあって)
僕がもう少しいい奴なら(いい奴なら) 気付けたかな
馬鹿なふりをした優しさも(優しさも)
無理やり怒った優しさも(優しさも)
僕がもう少しだけ あと少し気付けたなら

あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて 道は分かれ 時は過ぎて
ここにいる意味なんてないと嘆いたことも 少しずつ少しずつ あぁ

逆立つ愛の感情は(感情は)
卑しさ寂しさが映し出して(映し出して)
忘れることや冷たさで(冷たさで) 隠せたなら
辿り着けると思ってたんだ(思ってたんだ)
Going Going 遠いよ 本当は(本当は)
溢れてる優しさも 作り出した優しさも

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません