能古島の片想い

井上陽水

能古島の片想い

作詞:井上陽水
作曲:井上陽水
発売日:1996/06/26
この曲の表示回数:64,552回

能古島の片想い
つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうにない
浜辺に降りて裸足になればとどかぬ波のもどかしさ
僕の声が君にとどいたら ステキなのに

つめたい風は季節を僕に 耳うちすると逃げてゆく
ときおり砂はサラサラ泣いて 思わず僕ももらい泣き
僕の胸は君でいっぱいで こわれそうだ

遠くに見えるあかりは
南へ行く船の幸せかな

悲しいだけの今夜の気持 なにかをすればまぎれると
星屑なんか数えてみても涙でそれも続かない
君が僕の中にいるかぎり
波の声で僕は眠れない 本当なんだ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 10:30

  1. 夜に駆ける

    YOASOBI

  2. うっせぇわ

    Ado

  3. 波止場

    西方裕之

  4. 帰郷

    西方裕之

  5. ジョイフル

    清竜人

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成