八十八鍵の宇宙

Orangestar

八十八鍵の宇宙

作詞:Orangestar
作曲:Orangestar
発売日:2017/01/18
この曲の表示回数:49,977回

八十八鍵の宇宙
零れ落ちた言葉 海へ
誰に 誰に届くか
溢れだしたこの音 宇宙へ
誰が 誰が知るのか
僕が生きてゆくこの日々に
何が 何が残るか
僕が息絶えるその日に
何を 何を知るのか

まとまらない
言葉通りの言葉が
宛てもなく音楽になって
また僕の中に戻っていく
伝わらない
思い通りにも歌えない
けどそれはそれでいいだろう
僕は僕だろ

星の瞬きみたいな
明日をただ
ただ追いかけるだけじゃ
何も生まれはしないや
響け空高く
笑うように歌って征く

儚くも続いてく日々
ただ一つの道標さえ
持っちゃいない世の中
何処へ 何処へ行くのか
絞り出した言葉 海へ
誰が 誰が知るもんか
捻り出したこの音 宇宙へ
誰が 誰が聞くもんか

物足りない
昨日と同じ僕じゃさ
八十八の星座を全て
一度には見れぬように
僕の中にも色んな僕がさきっと
それはそれでいいんだろう
また歌にして生きてやろうぜ

はいはい そうだろ
僕が僕でいられないなら
笑えない空の下
ガラス玉みたいな今日を
壊れないように眺める月
孤独な海の上

いつの間にか
僕が僕じゃないみたい
あの頃の僕らは
なんかもっと
楽しそうに思えていた
それは違う
僕は今も僕だよ
余計なことばっかさ
気にしてただけ

星の瞬きみたいな
光をただ
ただ追いかけるだけ
振り向いた背中に夏を見る
それはもう過去の僕なのに

なんてさ
僕らしくないや
果てはないさ
何だっていいんだ
繰り返しの毎日でも
何か残せたなら
ってそんな全てを
笑って歌って生きていく

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム