裏窓

この曲の表示回数 2,106

どうしてなの そんなに失望をしたのなら
捨ててしまえばいいのよ
毎晩でも触れていた 私のこの肌を ここに置いて…
長すぎた2人の生活を こんなにも簡単に 私は裏切った
なんて 卑しくなってしまって…

夕闇に染められたこのテーブルが
疲れて うつむくあなたを映すたび
数えきれない痛みが 溢れ出すけれど

この心に生まれた新しい愛しさは
あなたとの日々を
ただの無駄なものに変えてしまったのよ
悔やんでよ…私という身勝手を愛してくれていた
温もりを無惨にも 踏みにじって行ける
そんな程度よ この私は…

悲しみに暮れてゆく あなたの肩を
この手で 抱きしめることも
もぅ 決して 許されないわ
こうして そばにいる事も

夕闇に染められたこのテーブルが
疲れて うつむくあなたを映すたび
数えきれない痛みが 溢れ出すけれど

悲しみに暮れてゆく あなたの肩を
この手で 抱きしめることも
もぅ 決して 許されないわ
こうして そばにいる事も
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裏窓 歌手:嶋野百恵

嶋野百恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/06/21
商品番号:PCCA-1437
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP