試聴する

ラストソング

この曲の表示回数 3,213
歌手:

lyrical school


作詞:

ALI-KICK


作曲:

ALI-KICK


この街はまたメイクを変えて
流行りの靴で踏むジェネレーション
いつの日かと同じ太陽が
また沈むドラマティックタウン

いつかまたこの場所で 君と2人ダンスを
いつかまたこの場所で F.R.E.S.H.なラップを
いつかまたこの場所で 新しいステップを
いつかまたこの場所で 最高の曲を

時は22世紀 とある部屋から始まる物語の1ページ (ami mei)
Things gonna change でも変わらない私たちの中にある BASIC(ayaka hime)
ドラマティックタウン 泣いて笑って
ちょっとした喧嘩してもまた RUN and RUN
ここにいる どこへでもいける 君となら
重要じゃないんだ意味とかは
大事なのは「今つながってる」そのことと LOW な END の効いた BEAT かな
景色は四季より遠くその姿を変える
あの場所はもう 思い出の中にしかないの
解ってるから 寂しいだなんて言わないもん
私たちはまた未来の新しいサウンドの話に花を咲かす そう!

この街はまたメイクを変えて
流行りの靴で踏むジェネレーション
いつの日かと同じ太陽が
まだ沈むドラマティックタウン

いつかまたこの場所で 君と2人ダンスを
いつかまたこの場所で F.R.E.S.H.なラップを
いつかまたこの場所で 新しいステップを
いつかまたこの場所で 最後の曲を

車は空を飛んでビルの谷間をすり抜けていく(キィーン!)
手塚治虫が書いた未来都市のような街が
リアルになっている(アッチョンプリケ)
信じてもらないかもしれないけど この時代になんと携帯はない!
今も変わらずこの街を見守ってるのはあの時計台だけ
労働がどれだけロボットのものになったって
私たちはまたラップして 働いてる
やっぱそんな感じ 腹が減ったら食う!
空はブルー 太陽は真っ赤! 森はグリーン! 夕焼けは橙
4月が終わりかけるころ流れる Purple Rain Purple Rain
この歌も時を超える 距離を超え 君の元へ
いつでも会えるよ君の好きな音で 他に何を求める?
何もいらない 皆とここに立てているから
今でもラップをするのはたのしいです!

この街はまたメイクを変えて
流行りの靴で踏むジェネレーション
いつの日かと同じ太陽が
また沈むドラマティックタウン

yeah! 共に歌えば これ Make it last forever
終わりの曲はフェイドアウトすることなく
2人の鼓膜揺らす fervor yeah yeah yeah yeah

私たちもまたメイクを変えて
新しい衣裳で立つあのステージ
今日もまた歌うラストソング 鳴り止まないで!
この街はまたメイクを変えて
流行りの靴で踏むジェネレーション
いつの日かと同じ太陽が
また沈むドラマティックタウン

いつかまたこの場所で
いつかまたこの場所で
いつかまたこの場所で
いつかまたこの場所で 最後の曲を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラストソング 歌手:lyrical school

lyrical schoolの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:KICS-3429
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP