DEPRAVITY DAY(FOOL'S Version)

この曲の表示回数 9,772
歌手:

sads


作詞:

清春


作曲:

Sads


才覚はあとわずか 天国は何処に見える
笑い者ピエロになった 長い夢吐き気がする

忘れよう軽い 栄光に溺れた夢

「また逢う分からない」 背を向けて君は笑う
言葉なんてない方が 単純に楽しめたね そうこの先も

晴れやかな顔で 終わりを迎えるでしょう
久し振りだね やっとスイッチを切れそうさ

軽く手を振って さよならを言えるでしょう
堕落するシルエット 今日はDEPRAVITY DAY

聞きもせず決めてくれ あの頃の僕はいない?

悲しいね 幸せだね
想ってるよ「また何処かで…」

天国はあるはずさ
不安さえ見当たらない
最後まであと少し
あと少し…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:DEPRAVITY DAY(FOOL'S Version) 歌手:sads

sadsの新着情報

  • ache / ♪You gonna nigh to my shade
  • freely / ♪crowning last I'm falling
  • gone / ♪Try to sweetest 捕えてよ
  • far away / ♪know you 離れた種子を
  • tell me what you lie / ♪You gotta know worst day

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-26
商品番号:UPCH-1243
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP