この曲の表示回数 4,100
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

大木伸夫


「それ」彷徨っていて
どうせ 終わってゆくだけ
こうして 息をしたって
そうして 終わってゆくだけ

「それ」 漂うだけ
触れられたらいいな
透明 ひび割れて
そんな欠片でもいいから

あの日 一人で見上げた夜空に
ひっそりと流した涙の訳
気付いてるよ
ただ言葉にならないだけ

あの陽 いつもよりも道は煌めいて
そんな奇跡を見つけたら
もう一度 信じてみよう
小さな声で紡いでみよう

「それ」彷徨っていて
どうせ 終わってゆくだけ
こうして 息をしたって
そうして 終わってゆくだけ

あの日 一人で見上げた夜空に
ひっそりと流した涙の訳
気付いてるよ
ただ言葉にならないだけ

あの日 一切の言葉も無くして
湖のほとりに ふわり生まれおちた
生命の「それ」
僕はそれを聴いているだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Sore 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-26
商品番号:TYCT-39048
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP