この曲の表示回数 7,925
歌手:

小松未歩


作詞:

小松未歩


作曲:

小松未歩


自分の生き方変えてみたくて
飛び出したけれど
縺れただけで
堅い大地を手で止めた
こぼれる涙なら染みるのに

戻せぬ時間を瞬きのスピードで写したら
限界なんて そこにはなかった
気の合う友と語り合い
この傷を癒せても
自分に課した目標は掴み取らなきゃ

主流から逸れる
孤独と痛手は正直 怖いけど
夢があるから

一対だけの鏡なら いつの日か出逢えるよ
そのとき愛がすべてを変える
綺麗な服や宝石は
意味のない物だから
そのままでいい 本当の姿を見せて

呪縛が解けた僕たちは
ただ闇に置かれても
嵐に遭っても 歩き出せる

この一瞬が
ただ君と出逢うためだったなら
手に手取り合い 羽ばたこう
風をおこして
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:As 歌手:小松未歩

小松未歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-16
商品番号:GZCA-1022
GIZA studio

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP