試聴する

アーカンザス

この曲の表示回数 11,230
歌手:

KEYTALK


作詞:

首藤義勝


作曲:

首藤義勝


定常状態で煙るベッドの上
落ちる汗 何かが壊れる夢を見る
喧騒の奥で小声でささやく
もう関係ないと無様に波打つ傷の模様

吐き出して消えた体温は
三秒前の想像さ

赤い夕焼けが消える頃
海辺の街は太陽に燃えて
きしむ右手の傷の跡
アーカンザスの背景に紛れたはずさ

喧騒の奥の小声が消えてく
もう関係ないと無様に波打つ傷の模様

吐き出して消えた体温は 連なる山並みを越えて
三秒前の妄想さ

辺りが夜に染まる頃
無くした感情を列車に乗せて

記憶のかけらに
触れた右手いつも手探りさ

壊れた感情と夢のあと
三秒前の想像も忘れたはずさ

赤い夕焼けが消える頃
海辺の街は太陽に燃えて

きしむ右手の傷の跡
アーカンザスの背景に紛れたはずさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アーカンザス 歌手:KEYTALK

KEYTALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-05-09
商品番号:KOCA-9003
KOGA GROOOVIE DRUNKER RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP