試聴する

Star Ferry

この曲の表示回数 14,331
歌手:

槇原敬之


作詞:

槇原敬之


作曲:

槇原敬之


今頃ちょうど君は あの部屋にもどって
海側の窓を あける頃だろう
夜を渡って行く星を 見逃さないように
部屋の明かりを まだ消したまま

おやすみ 愛しい人よ
願わくば二人の想いが
この舟の航跡よりも
長く続くことを

水夫が縄をといて 敬礼をすれば
今日を思うには短い
舟の旅がはじまる

湿った潮風に 小刻みにはためく
襟元が残り香で 冷やかしながらも
確かめるものがないと 嘆くその日に
思い出せるかと 僕を試す

おやすみ 愛しい人よ
願わくば二人がいつか
この舟の航跡を
一緒に見つめる日を

近づいてくる見慣れた 波止場で待ってる
恋をする前の僕にも
変わらずに手を振ろう

渡した人の想いが 星のように
輝けと名付けられた
舟に思えた夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Star Ferry 歌手:槇原敬之

槇原敬之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/07/10
商品番号:SRCL-4541
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP