試聴する

takaが高校生の時に書いた曲に今をトキメクmioちゃんが歌詞を付けて歌ってみたけど結局やっぱり高校生レベルからは抜け出せなかった曲

この曲の表示回数 21,373

私じゃなくても回る世界だった
特別じゃないことに気付いたんだ

周りの視線が気になるのに
誰にも見えない私は

まるで捨て猫の様に全てが敵だと睨み
傷付くことに怯えた
私を見つけて

「おいで。」
あなたのその手にそっと抱き寄せられたその時
空っぽだった心が濡れた
“此処にいてもいい”と言われた気がして
いつしかあなたを好きになったの

“待て”と言われればいつまでも待つわ
“よし”と言われなきゃエサも無しでいい

本当の愛じゃなくたっていいよ
それでもこのまま隣に

まるで飼い猫の様に私もなれたらいいのに
あなた無しじゃ生きられない
それでもいいから

“染めて。”
あなたの好みに
いっそ私じゃなくなるくらい
嫌いだった自分にさよなら
あなた「好き」と言ってくれる私なら
少しは自分を好きになれるの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:takaが高校生の時に書いた曲に今をトキメクmioちゃんが歌詞を付けて歌ってみたけど結局やっぱり高校生レベルからは抜け出せなかった曲 歌手:ミオヤマザキ

ミオヤマザキの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-09-30
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP