雨傘

作詞:あがた森魚
作曲:あがた森魚
発売日:1987/07/05
この曲の表示回数:6,014回

雨傘
昨宵 あなたが忘れていった雨傘
水玉模様がほろほろと
ぼくの晩のお使い一緒にね
斜に飾せば五月晴れ
飛んで往き来の濡れ燕
傘はきみに逢いたいよっていってるよ
ぼくも少しは逢いたいよな気もするし
こんど雨の日遊びに来ませんか
だからどうぞ遊びに来てください
でももう逢いには来ませんか
もう逢いになんか来ませんよね
あなたに伝えたいぼくの本当を
こんな切ないペンで書き切れぬのなら
いっそのこと喉掻き切れた方がどんなに
楽だろうにねと想いつつ
楽だろうにねと想いつつ

昨宵きみに書いた水色手紙
水玉泪で虹が架かり
煙草で火を付けもしてしまった
こんど雨の日逢いに行きたいな
傘も逢いたいっていってるし
ぼくもほんとに逢いたいし
こんど逢えませんか
いやもう逢えませんね
もう逢うのなんてだめですよね
ぼくさえあの時大人しくしていて
きみを識らぬふりできていたら
五月晴れの中の夕立ちのように
束の間の雨宿りで済んでたらどんなに
楽だったろうにねと想いつつ
楽だったろうにねと想いつつ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません