あの子は珍しかったのさ

この曲の表示回数 2,202
歌手:

憂歌団


作詞:

芹沢類・康珍化


作曲:

内田勘太郎


あの子は珍しかったのさ
ザラザラの俺の手が
おいらは虜になったのさ
スベスベの白い肌

みんな捨てるとあの子は言った
なんでもするとおいら誓った

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ

あの子は珍しかったのさ
空っぽのこの部屋が
おとぎの国にでも来たように
ピカピカに見えたのさ

シルクのシャツが欲しいと言った
おいらは裸でいたかったのさ

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ

でかい車の窓から
手を振って泣いていた
恋の天使にからかわれたよ
Hey 夢を見たのさ

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ
ブルースをとめてくれ
ブルースをとめてくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あの子は珍しかったのさ 歌手:憂歌団

憂歌団の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-18
商品番号:FLCF-3549
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP