試聴する

ソファー

この曲の表示回数 3,066

毎日毎晩ソファーに寝転がってさ
見えない君とくだらない話をしている
気分はいつでも秋から冬の感じで
冷たい風が僕の頬を叩くんだ

だらしないくせして器以上のこだわりを持っては
狭くて小さいこの部屋で大きな声を出す
悪い気はするがこんな生活も嫌いにはなれない
それでも僕はやれるのさって春へと走ってる

毎日毎晩ソファーに寝転がってさ
見えない君とくだらない話をしている
曇った空が自分の背中に見えた
始まってないから涙も流れなかったよ

気づけばまわりは知らないどっかへ行ってしまったな
それに比べて僕は相も変わらずやってる
でも だからわかることもあるこれもひとつの才能
反省なんかに逃げる気はサラサラないのだ

そしてまた窓を開けて流れ星を見たなら
いつの間にやら群青 しらけた退屈には降りしきる雨

毎日毎晩ソファーに寝転がってさ
見えない君とくだらない話をしている
自分なりでいい 心に風を響かせて
嵐を起こせば明日は晴れてるはずだよ

毎日毎晩ソファーに寝転がってさ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ソファー 歌手:ヘンリーヘンリーズ

ヘンリーヘンリーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-08-05
商品番号:RCSP-60
redrec / sputniklab inc.

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP