試聴する

裸足のきみを僕が知ってる

この曲の表示回数 6,397
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


思い出して きみが
どんな暮らしを どこでしていても
僕ときみの命をつなぐ絆は
生きていく 今をこえて
すべてを過去に変えて
時代はすぎていくけど

裸足のまま 歩いてる
きみを きみを 僕が知ってる
忘れないで この部屋のドアは
いつもあけてある

いろんな時がある
幸せな時 急ぎ足のとき
深い亀裂の底で
見えない空を見上げてる そんな時も
やさしくなれなくても
自分を責めなくていい

裸足のまま 歩いてる
きみを きみを 僕が知ってる
きみがきみを見捨てても
僕がきみを 抱きしめる

言葉はむなしくなる
きみのこと 思い出せば

裸足のまま 歩いてる
きみを きみを 僕が知ってる
きみがきみを見捨てても
僕がきみを 抱きしめるから

裸足のまま 歩いてる
きみを きみを 僕が知ってる
忘れないで この部屋のドアは
いつもあけてある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裸足のきみを僕が知ってる 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-07
商品番号:PCCA-1024
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP