EPOCH ~始まりの詩~

この曲の表示回数 8,515
歌手:

サンドクロック


作詞:

滝田周・永田佳之


作曲:

滝田周


限りある時間を使い 僕は今
どんな足跡 残せるんだろう
名だたる開拓者みたいに
偉大な第一歩は 踏み出せなくても

脱ぎっぱなしになったシャツとデニムの山
相も変わらず 散らかった部屋の中
寝転んだまま 自分の中 旅する
身勝手な言い訳を手荷物に

エゴに囚われた 感情の迷路に
迷い込みそうな日は
君の名を ふっと 浮かべてみる

世界中の夜を 今 飛び越えて
やっと 君の元へと辿り着いた
呆れた顔が 僕に笑いかける

そこら中に蒔いた名もない種が
やがて 芽吹いて 花咲かせる日まで
巻き起こる 全ての出来事を
君と二人で 分け合えたら

スローモーションで流れる 君との時間
何気ない会話が続いてく
夢中で話す君を見ている それだけで
心が穏やかになる

もし君の未来が 淀んだ影に
飲みこまれそうな日は
僕の名を ふっと 浮かべて欲しい

世界中の朝日を 盗み出して
ずっと 君の足元を照らすから
怖がらずに そのまま進めばいい

そこら中にありふれた日常が
やがて 歌になり 風に乗る日まで
目まぐるしく 変わっていく景色を
ひとつ残さず 焼き付けよう

地図に記された目的地じゃなくて
胸の高鳴る方へ
君となら そこに道が生まれる

世界中の夜を 今 飛び越えて
やっと 君の元へと辿り着いた
新しい風に 僕ら 身を任せる

世界中に蒔いた名もない種が
やがて 花を咲かせ 枯れゆく日まで
巻き起こる 全ての出来事が
君と僕の歴史になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:EPOCH ~始まりの詩~ 歌手:サンドクロック

サンドクロックの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-03
商品番号:CRCP-40414
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP