試聴する

散らかった部屋とわたし

この曲の表示回数 7,522
歌手:

アルカラ


作詞:


作曲:


激有限無実行 背負っていた
無限のループ 飽きた飽きた
ほらまた 紆余曲折 然り
おごれるものこれまた久しからず

問いかけて 問いかけて

朝から耳につくのは
仕様がない出来事ばかり
ほらまた 近くで鳴くサイレン
この部屋にもそろそろ飽きるはず

問いかけて 問いかけて

閉ざした口先 あとの祭り
あの日と同じ 辻褄合わす
へつらって もう疲れ果てた
後味も残り香もない日々

目をそらす

籠の中の鳥は いつ いつ いつだろう
散らかった部屋とわたし いつ いつ 問いかけて

閉ざした口先 あとの祭り
あの日と同じ 辻褄合わす
何処か遠く旅立つ朝に
後ろからしつこい手招きに

目をくれるな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:散らかった部屋とわたし 歌手:アルカラ

アルカラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-11
商品番号:DQC-356
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP