GOLD LYLIC 

試聴する

さよならの季節

この曲の表示回数 201,157
歌手:

SHISHAMO


作詞:

宮崎朝子


作曲:

宮崎朝子


いつも後ろから見てた
大きな肩幅もすこしもつれる歩幅も 見飽きたものなんてひとつもないのに

いつも隠れてみてた
少し袖の長い制服も傷だらけの鞄も
それでも知らないことばかりだってのに

今日が最後なのは どうしたってわかってるのに
もう決まってることなのに 何にも言えず終わりそうで

桜の木の下みんなと語り合うあなたが
あまりにもきれいで嫌に悲しかったのよ
ねえ先輩 あたしのことを思い出にしないで

いつも待ち伏せしてた
登校時刻の昇降口であなた見かけたら ベッドに入っても特別だったの

今日が最後だから あなたの後姿
目に焼き付ける でもやっぱり足りなくて

桜の木の下背の低い女の子とあなた
聞こえてしまうあなたの突き放す言葉
ねえ先輩 あたしとあの子なにも違わないかなあ

卒業式終わったのに 私の恋は終わってくれない
今日が終わって明日が来たら
私とあなたをつなぐものはひとつもないよ

さよならのクラクションベル
あなたの駆け寄る先
年上のクールビューティー 特別な人
ねえ先輩 何も言えないまま

桜の木の下みんなと語り合うあなたが
あまりにもきれいで嫌に悲しかったのよ
ねえ先輩 私のことを決して忘れないでね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよならの季節 歌手:SHISHAMO

SHISHAMOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/03/04
商品番号:XQFQ-1402
GOOD CREATORS RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP