愛こそはすべて

この曲の表示回数 4,608
歌手:

小坂明子


作詞:

門谷憲二


作曲:

小坂明子


もう誰もいないコンサートホール
灯りもおちて静まりかえる
私が歌った愛の詩の数々
その余韻すらもうない

こわいくらいに心から愛し
愛するほどに逃げてゆく人
生きてる痛みに胸をおさえながら
力の限り歌った歌った

鳴りつづくカーテンコール
愛される幸福抱きしめながら
私自身に聞かせるように
歌った「愛こそはすべて」

胸にひろがる悲しみを忘れ
明日はもっと心をこめて
私は歌ういつも愛しつづける
生まれて来たのそのため

もう誰もいないコンサートホール
ステージにひとり私はひとり
もう一度つぶやく愛の詩のフィナーレ
いとしい人はもういないもういない

鳴りつづくカーテンコール
愛される幸福抱きしめながら
私自身に聞かせるように
歌った「愛こそはすべて」

鳴りつづく鳴りつづくカーテンコール
愛される幸福抱きしめながら
私自身に聞かせるように
歌った「愛こそはすべて」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛こそはすべて 歌手:小坂明子

小坂明子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-04-21
商品番号:APCA-1082
バンダイ・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP