あくび猫(縁側バージョン)

この曲の表示回数 3,128

角の薬屋のぶちの猫
日なたで今日もお留守番
しゃがむ僕を見て知らんぷり
あくびを、ひとつ

『僕だけ さかあがりできないんだ』
お前に話しても しかたないけど
ぐるりと世界を ひとまわりできたら いいな

夏の花が 咲いたころ 一人で 見上げた 夕空
本当の優しさってなんだろう。。
僕に足りないもの

あくび猫が笑ったなら
僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら
僕は途方に暮れてしまうだろう

屋根に消えた流れ星
そろそろおうちへ帰ろう
いつか叶う夢みて あくびをひとつ

あくび猫が笑ったなら
僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら
僕は途方に暮れてしまうだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あくび猫(縁側バージョン) 歌手:羊毛とおはな

羊毛とおはなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-08-03
商品番号:LRTCD-51
LD&K

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP