冬のエピローグ

この曲の表示回数 19,337
歌手:

Goose house


作詞:

Goose house


作曲:

Goose house


淡い雪のように ふわりと落ちてく
涙の奥に きみと見ていたはずの永遠
二度目の冬が来て 遠ざかっても 胸を焦がす思い出
降りつもるだけのエピローグ

つめたい窓に六つの花 静けさに映える雪の音は
ずっと続くと思ってた あのやさしい日々の続きを見せてくれる

携帯の着信 誰といても 浮かぶのはきみの顔
嫌いになろうと ダメなところを書き出そうとしても
愛しい記憶が隠せない

淡い雪のように ふわりと落ちてく
涙の奥に きみと見ていたはずの永遠
二度目の冬が来て 遠ざかっても 胸を焦がす思い出
降りつもるだけのエピローグ

川沿いの道 手をつなぎ ふたりして歌って歩いた
きみが好きだったメロディ 今なら泣かずに きっと口ずさめるよ

くしゃみや仕草まで 似ていたよね 臆病だった愛も
あの冬の日から 読みかけのページ 真っ白な栞
捨てたらもう会えない気がして

抱きしめられた夜 重ねた約束 笑い泣いた日々
言葉よりも確かな記憶
きみが消えないんだ 好きになるのは一瞬だったのに
色褪せてもなお恋しくて

どうか笑っていて 忘れないでいて
冬の空に 拭えない気持ちをあずけて
こんなにも誰かを愛せた事をしあわせに思える
終わりのいらないエピローグ

淡い雪のように ふわりと落ちてく
涙の奥に きみと見ていたはずの永遠
二度目の冬が来て 遠ざかっても 胸を焦がす思い出
降りつもるだけのエピローグ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のエピローグ 歌手:Goose house

Goose houseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-19
商品番号:SRCL-8640
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP