死刑台への道

宮沢和史

死刑台への道

作詞:宮沢和史、パウリーニョ・モスカ
作曲:宮沢和史
発売日:1998/07/18
この曲の表示回数:4,632回

死刑台への道
何度身を投げれば 幕が降りるのだろう
死刑台への道を歩くのにも疲れた

何度身を投げれば 幕が降りるのだろう
死刑台への道を歩くのにも疲れた

取り返しのつかない罪に手を染めたら
昨日犯した罪の重さから 逃げ出せるだろうか

まるで僕は水におぼれる子供のように
君の体をかきむしり 闇の底へ引きずり込む

何度身を投げれば 幕が降りるのだろう
死刑台への道を歩くのにも疲れた

僕らはなぜこの世に生まれ落ちたのだろう
死に花を咲かせるために 生き恥をさらし続ける

愛の謎を明かす鍵を飲み込んだ君は
決してあがることのない スゴロクに賽を振り続ける

何度身を投げれば 幕が降りるのだろう
死刑台への道を歩くのにも疲れた

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:06:45

  1. 二人だけの海
  2. はじめの一歩
  3. 大丈夫 ロングバージョン ~明日へ~
  4. 鮨屋で…
  5. ひそやかな反乱

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 阿修羅ちゃん
  2. Rocketeer
  3. Brighter
  4. こたえあわせ
  5. Dazzling Future

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照