この曲の表示回数 13,414

一回寝ればおさまったなんて嘯きながら
新しい服は嬉しいんだと自転車でピース
北海道くらい寒いらしい予報の通り
まだ雪が残る木々の脇をならんで走った

桜は寂しくなっちゃうから嫌いだなんて
強い口調で言うから僕もそう思ってたっけな

何一つ返せないままなんだ

いつか見てたあの花のように
少し ほんの少しでも
強くいたいと思うのです

毎回その場しのぎでなんとなく  過ごしてたから
僕はどうやっても君らしく生きることができない
梅は梅ガムの匂いがする だから好きだと
何気なく言ってたけどそれもまだよくわからないんだ

何一つ同じじゃないはずなのに

街の色はあの頃のようで
僕ら見ていた景色が
近く まだ近くに感じます

嬉しいときも悲しいときもいつも決まって
先に涙見せるから僕はいつも我慢してた
何回も寒い冬が過ぎ 思い出しては
噛み締めることだけで僕はまだ何も変われないんだ

いつか見てたあの花のように
少し ほんの少しでも
強くいたいと思うのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Gum 歌手:フジファブリック

フジファブリックの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-09-03
商品番号:AICL-2720
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP