Silver Snow

この曲の表示回数 4,376
歌手:

センチメンタル・バス


作詞:

赤羽奈津代


作曲:

赤羽奈津代


顧みる雪景色 涙さえ凍りそうな
お月様 私を照らしてください
白い世界に埋もれぬように
舞い上がる

銀色の雪よ どこまで
恋の痛みを運んでくれるの
今の私ではどこへも行けはしないから
お願いよ

余りある日曜日
カーテンの隙間から
お月様 私を見ないで下さい
今日は静かな深い夜に
墜ちそうで

輝く世界よ どうして
あの人をまた思い出させるの
わかっているのにどうして
懐かしいぬくもり

目を閉じる

長い冬が過ぎたら
冷えた胸はとけるの?

銀色の雪よ どうして
胸の奥へ降り積もらないの
何故か止まらない悲しみ 白く染まるなら
消えるまで

輝く世界よ どこまで
あの人をまた思い出させるの
わかっているのにどこへも
行けはしないから
お願いよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Silver Snow 歌手:センチメンタル・バス

センチメンタル・バスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-02
商品番号:ESCB-2164
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP