名もなき果ての街で

この曲の表示回数 3,292
歌手:

HUMMING BIRD


作詞:

古谷敏之


作曲:

古谷敏之


名もない忘れられた 小さな果ての街
過ぎ去った あの時の 姿のままに
静かに時は流れ やがてはその中で
訪れる運命に 巡り会えるだろう

灯りのない寒い夜は
いつもぬくもりさえ守れずに
窓に映る横顔だけ
変わらずにただ遠く見つめてる
いつまでも

遠くの空は明けて いつもの朝が来る
陽を浴びる横顔は おだやかな眠り

季節はやがて巡り 見知らぬ旅人が
おり立った大地には かすかな光り
この広い世界には 誰でも幸せを
見つける時が きっと訪れるものさ

もう涙は流さないで
きっと君もわかるはずさ
前を向いて歩いてゆこう
この先にまだ長い物語待っている

偶然の出来事で すべては始まるよ
まぶしいその笑顔で 歩き始めよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名もなき果ての街で 歌手:HUMMING BIRD

HUMMING BIRDの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-05-24
商品番号:VICL-60571
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP