試聴する

under the moon

この曲の表示回数 37,255
歌手:

Do As Infinity


作詞:

D・A・I


作曲:

D・A・I


雨上がりの濡れたアスファルトに
長い影が浮かんでいました
それはとてもキラキラしていて
急に涙 溢れてきました
君が導いた
いばらの道で血を流して
錆びてゆく

胸の奥底で疼く
悶える体を海に沈めたい
望まない闇の向こう
震える私を月が笑ってた

つくりかけて すぐに諦めて
理由もなく壊してしまった
それはいつも カタチないもので
失した後 初めて気づくもの
君を抱きしめた腕が
邪魔なら踏みつぶしてしまえばいい

運命の糸に巻かれ
身動きできずに 躓いてばかり
音の無い世界なんて
君がいたとしても
生きる意味もない

君の背中押す手を止めないで
最期まで見届けて...

運命の糸に巻かれ
身動きできずに 躓いてばかり
音の無い世界なんて
君がいたとしても
生きる意味もない

わがままに通り過ぎる
果てしない闇をいくつも数えた
届かない空に唄う
こんな私を
月が照らしていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:under the moon 歌手:Do As Infinity

Do As Infinityの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/07/31
商品番号:AVCD-30359
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP