試聴する

季節はずれ

この曲の表示回数 36,346

胸の中にしまいこんだ八月の風の音がした
知りすぎる事が恐くてうつむいては吐き出す溜息
どこへいけば逢えるんだろう そんな場所さえ作れずに
町は静かな灯をともして また一つ悲しみを知る

地下へ続く階段で何を待ってる
近すぎた春の調べ 振り向けず わからずに

少しだけ震えてる違う明日声にならず
誰の為でもなくて それぞれがまた歩いてく

巡り逢いとか出会いとかそんな大層な物じゃない
難しい事なんて何一つありはしないさ
ちょっと秋の日の風が冬の窓叩いただけ
全ての始まりと共に今一つ終わりを告げる

すがりつく様に咲いた二つ並んだ花
つまりは単純な事 少しだけ恐いけど

遠く離れない様に僕等どっかで繋がってて
西の空今日が暮れてく またここで逢えるかな…

少しだけ震えてる違う明日声にならず
誰の為でもなくて それぞれがまた歩いてく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節はずれ 歌手:ゆず

ゆずの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-06
商品番号:SNCC-88990
SENHA&Co.

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP