昭和戻り橋

この曲の表示回数 4,987
歌手:

紙ふうせん


作詞:

吉田健美


作曲:

山本正之


誰もがいつか記憶の底に
閉じこめたはずの優しさを
水の鏡に浮かべて一人
きらめく風とたわむれる

この橋の果てに
あなたのほほえみ
何もかも捨てて今
私は走る 走る

消え去った日々を呼び続けながら

群れを離れて旅立つ鳥は
暮れ行く夕陽に羽根を染め
孤独の影が押し寄せる時
ゆらめく風としのびあう

この橋の果てに
あなたのほほえみ
何もかも捨てて今
私は走る 走る

なつかしい日々がよみがえるまで
なつかしい日々がよみがえるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和戻り橋 歌手:紙ふうせん

紙ふうせんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4338
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP