「東京に降る雪、、、」

この曲の表示回数 4,994
歌手:

MERRY


作詞:

ガラ


作曲:

健一


季節が変わる前に 色褪せていく前に キミと過ごした部屋を出て行く…
想いでは荷物になり 重たくなるから この部屋に全部置いてゆく。
ただ、それだけです…。

「通り過ぎて行く日々 一人きりで居ると それだけで淋しいと知りました。」
あの頃を思いだそうと 見上げる東京の夜空には星さえ見えない…

こんな木枯らしの夜は 一人寂しくなって
マッチを擦って震えるココロを暖めた…
下を向くと涙がこぼれそうになるから遠い空を見上げる…

東京の冬 寒く 淋しさ募るけれど…
耳を澄ませば ほら 窓の外から聞こえるよ 雪の歌…

映り変わる景色は もの哀しい銀世界 辺り一面を銀色に染め上げてゆく…
嗚呼~キミと居た頃は 一度も淋しいだなんて 思ったことないのに…

東京の冬 寒く 淋しさ募るけれど…
耳を澄ませば ほら 窓の外から聞こえてくる…

東京に降る雪は 心の中に積もって…
淋しさ隠すけど 今も溶けないまま残っている…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:「東京に降る雪、、、」 歌手:MERRY

MERRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-26
商品番号:VICB-60095
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP