傘の雫

この曲の表示回数 15,695
歌手:

イルカ


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


時には雨の街角
待ち合わせたね
君はすまなさそうにそっと
雨に濡れた傘をたたんだ
時計見ながら

着て行く服選んで
迷う時ほど
会えばすぐそんなことなど
恋は忘れさせてくれる
そんなひととき

傘の雫で床に書いたプロポーズに
気づかなくてそのまま時は流れた

もしも流れる時間を
先回りして分かっていたなら
誰も代わりは出来ない
君だったことに気づいていたのに

街行く人波から
もてはやされた
昨日までの店が突然
姿消したりするような
流行り廃りに
誰もが惑わされて
生きてきたから
自分らしく飛べる翼も
いつか邪魔になってしまう
飛べないふりして

もしも都会に迷い込んだ
冬鳥でもいつかはまた
海を渡る日が来る

だからも一度会いたい
君といた頃の自分に会いたい
そして悲しいくらいに
純粋な夢捜しに行きたい

もしもこの長い雨が
今もその胸を濡らしているなら
恋という辛い雨を
砂のように受け止めてあげたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:傘の雫 歌手:イルカ

イルカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-16
商品番号:CRCP-20120
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP