白日

この曲の表示回数 10,243
歌手:

中田裕二


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


帰りたいけど 帰る場所なんてない
どこかにあるはずの僕らしさは
いまだにほら らしくないよ

もうここだけ 君の小さな手に
僕は包まれたまま眠るのさ
まるでそれは 揺りかごみたいだね

明日が何も語らずに 僕らを連れ出す
白日のもとに 乾かない傷口さえも晒しながら

それでも明るみの中に 求めてしまうだろう
君が描き出す喜びにまた酔いしれて
みとれていたんだよ

どうしてなんだろ 君が泣いてないんだよ
その微笑みのわけを探してた
雨のはずの青空みたいだね

確かなものには不確かな思いが
つきまとい 視界を曇らすけど 君だけは違ったね

明日が何も語らずに 僕らを連れ出す
白日のもとに 全てを打ち明ける事が出来るのなら

記憶が色褪せる頃の 僕らの居場所は
ここかな それとも離ればなれのどこかかな
できれば そばにいて

それはとても眩しくて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白日 歌手:中田裕二

中田裕二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-23
商品番号:WPCL-11011
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP