試聴する

Blue Bird

この曲の表示回数 6,866
歌手:

EMI MARIA


作詞:

EMI MARIA


作曲:

EMI MARIA


走り疲れてスピードを落としてく
背中の羽たちは自分の手で折ってこの世を選んだ

泣いたり愛したり羨ましくて
この体を借りて約束した

真夜中思い出そうとしてる
なぜこの場所を選んで生まれたか
きっと何かを心に決めて泣きながら生まれて来たんだろう

遠い記憶は少しずつ薄れてる
小さな幸せの見つけ方を忘れそうになる

帰り道咲く花がこっちを見た
思ったよりこの世界は心地良くて

真夜中思い出そうとしてる
なぜこの場所を選んで生まれたか
きっと何かを心に決めて泣きながら生まれて来たんだろう

La La La La La……
La La La……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Blue Bird 歌手:EMI MARIA

EMI MARIAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/03/09
商品番号:VICL-63712
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP