試聴する

ほそい銀色の雨

この曲の表示回数 5,075
歌手:

中山千夏


作詞:

中山千夏


作曲:

佐藤允彦


ほそい 銀色の雨
町をぬらして きえて
うすい 太陽もさし
虹さえ かかる

ふるえていた 小鳥も
羽を鳴らして もどり
青い柳の枝に
よろこびの 詩(うた)かざる

だけど 雨はいまでも
わたしの心に ふる
ほそい 銀色の雨
あなたが 帰るまで

別れた あの朝から
ふり続ける この雨
からだも 心も手も
つめたく 冷やす雨

つづく雨を みつめて
わたしは 待っているの
いつか 雨がやむ日を
あなたが 帰る日を

別れた あの朝から
ふり続ける この雨
からだも 心も手も
つめたく 冷やす雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほそい銀色の雨 歌手:中山千夏

中山千夏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/01/19
商品番号:VICL-63704
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP