試聴する

キズナ

この曲の表示回数 13,934
歌手:

神谷浩史


作詞:

春和文


作曲:

増田武史


ゆらりゆらりと 伸びてゆく影
ひとりぼっちで歩く帰り道

思い通りに あの日の夢に
僕はちゃんと近づいているのだろうか…

あの時 一緒に 語った夢を
いつの日か 叶えてみせるさ

きっと きっと 離れていても
いつだって 僕らは一緒さ
そっと そっと 心のなかで
君が頑張ってる姿 想うたび ほら 強くなれるよ

オレンジ色の夕日を浴びて
輝いてく ポプラ並木道

つないでた手の ぬくもりはまだ
今もちゃんと消えないままあるだろうか…

もしも 躓いて 迷ってるなら
僕のことを 思い出してさ

きっと きっと 時が過ぎても
いつまでも 変わらないから
もっと もっと 自分を信じて
夢を叶えたその時に 相変わらずな
あの日のままの 笑顔で逢おう

きっと きっと この道は今
君と僕の心をつなぐ
ずっと ずっと 歩き続けよう
果てない明日へ 続いてくから

きっと きっと 時が過ぎても
いつまでも 変わらないから
もっと もっと 自分を信じて
夢を叶えたその時に 相変わらずな
あの日のままの 笑顔で逢おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キズナ 歌手:神谷浩史

神谷浩史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-15
商品番号:LACM-4768
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP