歌詞を

ヘルプ

若山かずさ56曲中 1-56曲を表示
2021年3月1日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
女のみれん若山かずさ高畠じゅん子叶弦大笹の葉ゆれる湯舟の窓に
蛍火の恋若山かずさ菅麻貴子田尾将実逢えて嬉しい枕を照らす
おんなの酒若山かずささいとう大三叶弦大風に揺れてる赤い灯が今夜も
湯の町みれん若山かずさ三浦康照叶弦大ついて来るかい行きますと
あじさいの宿若山かずさ仁井谷俊也叶弦大ひと雨ごとに色彩をます花は
春の蝉若山かずさ菅麻貴子水森英夫逢えない歳月の永さに耐えて
女の岬若山かずささいとう大三四方章人ここまで来たら帰れない
夫婦恋唄若山かずさ岡田冨美子市川昭介指先つないだら絆がしみる
酔い惚れて若山かずささいとう大三市川昭介静かにお酒を飲む人は
俄か雨若山かずさ菅麻貴子田尾将実雨に打たれて誰かのもとへ
恋雨若山かずさたかたかし市川昭介胸にほくろが ある女は
しのび傘若山かずさ三浦康照市川昭介あなたの背中に 身を寄せながら
山百合の駅若山かずさ三浦康照叶弦大汽車が着くたびに改札口で
海鳴りの酒場若山かずさ三浦康照叶弦大小雨まじりのつめたい風が
雪どけの宿若山かずさ三浦康照叶弦大ひとつ浮雲あかね雲
花桔梗若山かずさ坂口照幸藤竜之介女は終わってしまった恋は
白牡丹若山かずさ池田充男四方章人たしかなひとをたしかな心で
恋宿若山かずさ松井由利夫市川昭介声を殺して 小指を噛んで
男の花若山かずさ喜多條忠美樹克彦蕾硬けりゃ硬いほど
嵯峨野しぐれて若山かずさ池田充男伊藤雪彦宿の便箋かりてかいてます
冬燕若山かずさ城岡れい水森英夫ぷつりと千切れた絆の糸の
なさけ雨若山かずさ仁井谷俊也市川昭介雨に濡れるよと肩を抱き寄せる
ゆきずりの花若山かずさ三浦康照市川昭介あなたに逢えない淋しさを
ふたり舟冠二郎・若山かずさ三浦康照叶弦大あれをごらんよおし鳥が
二人三脚渡し舟若山かずさたきのえいじ市川昭介川の流れと人の世を
東京港(みなと)若山かずさ・四方章人たきのえいじ四方章人ほんとに良かったあなたに逢えて
夢灯籠若山かずさ三浦康照叶弦大木漏れ日淡い石段を
恋しずく若山かずさ三浦康照大谷明裕傘を持つ手にしずくがひとつ
春雨の宿若山かずさ三浦康照市川昭介命ひとつをあなたの愛に
伊良湖悲曲若山かずさ水木れいじ叶弦大あんなちいさな連絡船が
二度目の女房若山かずささいとう大三市川昭介あなたが愛したその人の
海峡無情若山かずさきたのえいじ市川昭介忘れてしまえと山背がうなる
花菖蒲若山かずさ高畠じゅん子叶弦大上手に生きてるつもりでいても
幸せとんぼ若山かずさ木下龍太郎叶弦大捜し続けたやすらぎを
夕月の宿若山かずさ三浦康照叶弦大冷たく澄んだ湖に
終着駅の女若山かずさ荒木とよひさ幸耕平遠い昔は連絡船が
ふたりづれ若山かずさたきのえいじ叶弦大路地に隠れて咲く花にどこか
抱かれて乾杯落合博満・若山かずさ秋浩二大谷明裕じれったいほどに悲しいわ
恋をんな若山かずさたかたかし弦哲也あなたの色に染められて
女の生きがい若山かずさ岡田冨美子四方章人泣くのがイヤなら愛さない
幸せふたりづれ若山かずさ鳥井実岡千秋遊びでお前に惚れたりしない
別れ愛若山かずさ荒川利夫三木たかしこんなに惚れてもさよならね
花紬若山かずさたきのえいじ市川昭介何から何まで捨ててもいいと
水暦若山かずさ坂口照幸幸斉修也男が沈めば女も沈む
吉備路の女若山かずさ水木れいじ叶弦大船が着くたび港へ走る
花びらの雨若山かずさ三浦康照叶弦大風が泣く山が騒ぐ烈しい愛の
さざんか月夜若山かずさ中村要子みちあゆむ解けば悲しい帯なのに
花、散る若山かずさ八島義郎江口浩司楠の枯葉が散りしきる
霧の別れ落合博満・若山かずさ秋浩二伊藤雪彦二人で夢を探していたのに
月に綴りし…恋日記若山かずさ堀内和香みちあゆむ舞い飛ぶ蛍夏の夜の
みれん恋唄若山かずさ坂口照幸幸斉修也どんなに待っても波止場には
居酒屋「かずさ」若山かずさ堀内和香みちあゆむみなと横丁八丁目角を曲がって
紅型みれん若山かずさ一城えりみちあゆむ旅で出逢ったこの恋なのに
ゲイシャ・ワルツ若山かずさ西条八十古賀政男あなたのリードで島田もゆれる
南国土佐を後にして若山かずさ武政英策武政英策南国土佐を後にして
東京のバスガール若山かずさ丘灯至夫上原げんと若い希望も恋もある