君に会うために

何も言わずに 見つめてるだけで
感じあえるから
ポケットの中つめこんだ ためいきも嘘もみんな
思い出に変わってゆく 雨があがるように

君に会うためにきっと 僕は生きてきたんだね
生まれる前からずっと 君をさがしていたね

君の笑顔 伝った涙が 僕に流れこむ
どんなに はしゃいでいても いつも一人だったんだね
今日までの君のすべて 抱きしめてあげたい

君に会うためにきっと 僕は生きてきたんだね
もう二度と淋しい思い 君にさせたりしない

君に会うためにきっと 僕は生きてきたんだね
生まれる前からずっと 君をさがしていたね

夢見るような恋が いつか 色あせたあとも
きっと君だけは 一番 大切に思ってる