瀬田の夕暮れ

川面に映る 茜の空が
心変わりに 澄んで見える
遠い瞳(め)をして 黙ったままで
あなたは誰を想うのか
瀬田の夕暮れ 宵の闇
ぽつりぽつりと 灯(ひ)がともる

寝ぐらに帰る 水辺の鳥が
翼広げて 飛び立つように
胸にさざ波 たててくひとよ
あなたは何処へ帰るのか
瀬田の夕暮れ 穏やかに
川は琵琶湖へ 流れ往(ゆ)く

橋の欄干 擬宝珠(ぎぼし)が並び
恋の終わりを 見届けるよう
風が冷たく 心を梳いて
涙がふいに溢れだす
瀬田の夕暮れ 唐橋を
ひとりきりでは 渡れない

瀬田の夕暮れ 宵の闇
ぽつりぽつりと 灯(ひ)がともる